読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リース ア ソース

アイムストレート。 もふもふ雑記ブログ

掃除・殺菌消毒・カビには消毒用エタノール!

お役立ち

 

 

※この記事は2017/1/15にリライトしました。

掃除や消毒には消毒用エタノールが使い勝手が良くて万能です。

購入できる場所から、注意点・使用用途・種類を解説します。

お家に一本置いておくだけでかなり掃除の勝手が変わりますよ。

 

☆目次☆

 

 

売っている場所

 消毒用エタノールは薬局やネット通販で購入できます。

 大抵500mlサイズのボトル売りでお値段は一概に言えませんが

400~800円くらいでしょうか。

 

エタノールと一緒に買うと便利な物

ボトルのままでは扱いにくく、一度に出しすぎてしまいます。

ですので百均などで売っている小さめのスプレーボトルに

中身を移すと使いやすいです。

小型のスプレーボトルに移して吹きつけて使用することで消費を

減らすことができエタノールの使用量を節約できます。

現在では最初からスプレーノズルのついているものも販売していますが、

一度の噴射量が多い印象です。

 

 

使用上の注意点

①エタノールは素材によっては変質化させてしまいます

物によってはエタノールをかけることで色が変わったり曇ってしまったり、

塗装を剥がす場合もありますので十分に注意してください。

よく家電製品などの説明書にはアルコール類で拭かないでください等の

注意書きされているものがありますね。

手間ですが、最初にエタノールを使って悪い影響がないか調べたり

何かしらの方法で試してから使用するようにしてください。

 変色してしまったり曇ってしまった物は元には戻りません。

 

②エタノールの殺菌能力は万能ではありません

一部殺菌できないものがあります。

有名なところではノロウィルスですね。

ノロウィルス対策の場合はそれに対応した消毒薬が

別で売っているのでそっちを買いましょう。

 

③消毒の際濃度を下げないようにしましょう

水で薄めたり、濡れているところに使うとアルコール濃度が

下がってしまい殺菌能力が下がってしまいます。

消毒用エタノールは濃度が80%前後で調整されています。

濡れているところはあらかじめ拭いて水分を除去して

濃度を落とし込まないようにして使用しましょう。

 

④換気は十分に行ないましょう

エタノールは揮発性のある液体です。

換気を行って使用しましょう。

 

⑤エタノールは引火性のある液体です

エタノールは引火性液体です。

無水エタノールのような純度の高いものは引火点13℃とかなり低いです。

消毒用エタノールは80%まで希釈されているのでそれより高い引火点ですが、

火気には十分気をつけて使用しましょう。

 

 

使用用途の例

①キーボード・マウス・携帯など身の回りをお手軽に掃除

 パソコン周りや携帯はトイレより汚いなんていわれます。

 長い間手入れしないとべたついてきますし、あまりひどいと黒ずんできます。

ですが消毒用エタノールで拭けばすぐキレイになります。

べたつきはすぐにとれてキュキュって感じになりますし、殺菌もできます。

黒ずみもごしごし磨けばとることができます。

 

②冷蔵庫や油汚れなどの本格的なお掃除に

冷蔵庫の食品や汁、調味料などでついた汚れはエタノールを

使えば簡単に取れます。

消毒に使われる揮発性の高いものなので万が一食品についても

揮発してなくなるまで待てば安心です。

 

油汚れにも大きな効果を発揮します。

エタノールは油に溶けやすい性質を持つので油の付いた洗い物にも最適です。

 

③カビ対策

エタノールはカビを除去できます。

私の家の場合、どうしても冬場は結露がひどくて窓のコーキング部分が

カビてしまったりします。

そこをエタノールをふきかけて磨きます。

カビと人との戦いは切っても切れない物。

カビ対策は手間なく確実に除去したいですよね。

ただし、漂白効果はないのでカビた汚れ(カビの黒ずみなど)自体は

取れないので注意してください。

 

④油分除去

エタノールは油分を取ります。

テープやステッカーを貼るところ、又は塗装するところなど私は

消毒用エタノールをキッチンペーパーなどに染み込ませて拭いて

油分除去を済ませています。

 

使用したい範囲が広い場合は専用の油分除去剤を使った方が安く上がる場合がありますのでご注意を。

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 シリコンオフ 09170 [HTRC2.1]

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 シリコンオフ 09170 [HTRC2.1]

 

 

⑤とりあえず吹きかけて拭いて消毒

ドアノブなど色々と衛生面に不安のあるところいっぱいありますよね。

使用前に包丁やまな板を消毒しておきたいなんて時にも。

そういうところにとりあえずエタノールを吹きかけて拭きます。

消毒できてかつ手垢や汚れも取れるので一石二鳥。

 

旅行に行くときなんかはさらに小さい携帯用のミニスプレーボトルに

詰め替えて持ち歩いてます。

出先の公共のトイレなど、消毒剤がついていない所や衛生面に

不安のあるところに使用できます。

 

他にも鏡を磨くときなど使えるところは探せばいっぱいあります。

有効な場所を探してお掃除ライフを更に快適なものにしましょう!

 

 

エタノールを買いたいけど種類があって分からないという場合

薬局などに買いに行くと、無水エタノール・消毒用エタノールIP・消毒用エタノールIPAやMIXなどが並んでいると思います。

はじめて買う方はどれを買っていいなのか分からなくなると思います。

それぞれについて解説します。

・無水エタノール

非常に純度の高いエタノールです。 

純度が高い分すぐ揮発してしまう為、消毒には向いていません。

消毒・清掃で使用するならこちらを買う必要はありません。

水分を極端に嫌うものにはこちらを使用します。

酒税がかかっているので値段も高めです。

 

・消毒用エタノール IPやIPA、MIXなど

消毒用と名がついていればどれもほとんど機能は変わりありません。

濃度が80%前後で調整されています。

ここが無水エタノールとの最大の違いです。

エタノールのみだと酒税がかかってしまうので水、

そしてイソプロパノールを混ぜ酒税対象外にし値段を落としたものです。

消毒・掃除に使うのであればこちらを買いましょう。

 

 

 終わりに

消毒用エタノールは色々なシーンで活躍します。

ボトル一本ストックしておくだけでいざという時に大いに役に立ちますよ。

 

 そしてもう一度書きますが変質には、くれぐれも注意してください。

変質したものは元に戻りません。

私は透明なオシャレな樹脂製の容器をエタノールで拭いて曇らせてしまった事があります。

とても惨めな気持ちになりました(笑

慣れてくるとこれはダメそう、これは大丈夫そうと感覚で分かってくるのですが、

それまでは同じ・似た材質のもので試したり調べたりして対応して下さい。

 

 

 

消毒用エタノールIPA 500ml (指定医薬部外品)

消毒用エタノールIPA 500ml (指定医薬部外品)

 
【第3類医薬品】消毒用エタノールIP「ケンエー」(スプレー式) 500mL

【第3類医薬品】消毒用エタノールIP「ケンエー」(スプレー式) 500mL