リース ア ソース

I love you so much

ミニマリストを目指した断捨離ログその12 シーリングライト

日本人なら天井に照明が付いていて

当たり前と思う人が多いのではないのでしょうか?

ですが、思い切って取ってみた。

f:id:danganreese:20150427202333j:plain

 

f:id:danganreese:20150427202356j:plain

 なにこの開放感…!

天井に照明が付いてるのって結構空間を圧迫していたのですね。

 

 取った経緯ですが、実は元々シーリングライトを全然使ってませんでした。

私はあまり天井照明というのが好きではなくて

部屋を明るく使いたいときはアッパーライト、

通常くつろぐ時はスタンドライトを使っています。

蛍光灯色自体あまりすきではなくて両方とも暖色のLED電球。

 

そんなわけで全然使っていなかったシーリングライトですが、

天井に照明が付いていて当たり前と思っていたので今まで取るという

発想がなかったんです。

ですがダラダラしているときに天井を眺めて、

あれ・・・これいらなくね? と思いはじめ今日取りました。

 

正直こんなにスッキリするとは思いませんでした。

もっと早く取れば良かったです。

 

 ちなみに、目線より低い位置にあるスタンド照明は

焚き火効果があって脳がリラックスするらしいです。

私が自然と夜くつろぐ時にスタンドライトを使うように

なったのもそういうのを感じていたからかも知れません。

実際、とても落ち着きます。

 

 

2017/1/2 追記:

当時の私は気取りたかったのでしょうか、

一言も書いていないですが天井照明を使わないのはただ単に私が

アメリカかぶれだからというのがあります。

アメリカの家の天井証明を使わない夜の家の雰囲気に憧れたのが

スタンドライトを使いだした理由です。

現在でも自分の部屋にシーリングライトはついていません、

スタンドライトの方が好きですね。