リース ア ソース

アイムストレート。 もふもふ雑記ブログ

無常を意識していればいつもの道に飽きることはない

無常 

すべてのものは移り変わり常に変化していて同じものは一切ないということ。

 

三重→山形の車の往復を子供の頃から数えてもう40回以上はしています。

ほんの数年前までもうこの道飽きた、

遠すぎるとよくうんざりしていました。

 

が、今回無常という考えを自分に取り入れてから

そんな考えはなくなりました。

 

同じ道でも同じものはひとつもない!

飽きたという感覚は観察力の無さの表れだとも言われています。

何度も通った道でも細かいところまで観察してみれば

また新たな発見や変化を見つけることができます。

私は今回それを楽しむことができました。

流れゆく視界に入る情報に集中していれば飽きるとことなく

純粋に見慣れたはずの景色をずっと楽しむことができたんです。

 

無常を感じ取ろうと常に意識していれば

自然と観察力や変化を楽しむ力が身に付くのかもしれないですね。

 

 

 

↓ポチッと支援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ