リース ア ソース

アイムストレート。 もふもふ雑記ブログ

卑屈の中心で愛を叫んだ獣 かまってちゃん

f:id:danganreese:20151022214353j:plain

誰か助けてください!!!

愛を叫ぶならとても涙を誘う素晴らしくも切ないセリフですが

世の中そうではないパターンがあります。

 

誰か助けてください(誰か私にかまって!)!

誰か助けてください(私に注目して!)!

誰か助けてください(私はこんなにも困っているのよ助けなさい!)!

誰か助けてください(私は悲しんでいるのよ、何とかしなさい!)!

誰か助けてください(怒っている私を慰めて、肯定して!)!

 

などなど、かまってちゃんが世の中にははこびっているのです。

この手の人間を見つけてもスルーです。

下手に相手をすると面倒くさいだけです。

かまってちゃんは自分の欲を満たすことしか考えていません。

このようなかまってちゃんが声をかけても適当に返事をしてあしらうのが吉です、

同情心を見せたら地獄を見ますよ、依存されちゃいますよ。

 

かまってちゃんは常に自分の低い自尊心を補うために獲物を探しているのです。

自分の感情に忠実で、

その自分ではコントロールできない感情を満たすために他人を獲物にするのです。

かまってちゃんはかまわない、コレ基本!

 

吸血鬼から見た人の血のように、人の優しさを自分の人生の糧する人間もいるのです。

かまってちゃんに優しさを見せたら吸い尽くされて最終的にはポイされますよ。

どんな人にも優しくしたいと思う聖人のような方はいらっしゃいますと思いますが、

優しさを向けるにも対象は選ぶ必要があります。

それを間違うと吸い尽くされてあなたは病んでしまうなんてパターンも

決してすくなくないのです。

 

もう一度言います、かまってちゃんは構わない、コレ基本。

彼らはセカチューではありません、ジコチューなのです。

心苦しく思う時もあるかもしれませんが、

あなたの平穏な生活の為にも、優しくする相手は選んでください。

 

 

 

そんな感じ、しぇばの!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ