読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リース ア ソース

アイムストレート。 もふもふ雑記ブログ

RPGツクールでゲーム完成させたことある?RPGツクールの思い出

私は完成させた事ありますよ、15分でクリアされたけどな!

 

RPGツクールはその名の通り自分でRPGを作れるツールです。

RPGツクール - Wikipedia

 

小学校時代 スーパーダンテ

私が初めて手にしたのはRPGツクールはスーパーダンテ。 

スーパーファミコンでリリースされたもので当時私は小学生でした。

当時から私はゲーム好きで特にドラクエ好きでしたから

自分でRPG作れるなんてスゲーと思い発売すぐに購入しました。

 

ですが、いざやってみるとこれがメンドくさいメンドくさいw

何時間もかけてキャラを作ってモンスターを作って魔法を作って

アイテムを作り、

マップを作ってそのマップにキャラとオブジェとイベントを

配置してようやく1イベントの完成。

 

その何時間もかけて作った1イベントも5分やそこらで終わってしまう。

すごい壮大なストーリーを考えるんだけど面倒過ぎて作るまでに至らないw

ゲーム作るって大変だなぁ、子供ながらにそう思ったものです。

 

 

高校生〜二十歳 RPGツクール2000

高校生の頃にはRPGツクール2000を購入しました。こちらはPC版。

高校生時代ともなるとインターネットも普及していて

作ったゲームを公開なんて事ができるようになってました。

 

俺もいっちょ大作作って賞とって賞金ゲットするんや!

そんな風に思っていました、最初はね。

 

けど、それは無理ゲーすぎたw

PC版になり、システムの幅も広がり、

自作のグラフィックとBGMを使用できるようになりました。

もうここで無理ゲー。

凄い人はもう全て自作のグラフィックでゲーム作るわけですよ、

しかも結構な長編。

もうこの時点で自分みたいな中途半端なのは太刀打ちできない。

 

その時点で太刀打ちできないのに、さらにすごい人は

イベントを複雑に組み込んで自作の戦闘シーンとか

アクションRPGとか作っちゃうわけですよ。

もうね無理、私には同じマネは絶対にできないし、

そもそも二番煎じは通用しない。

 

私が賞を狙うのを諦め、RPGツクールをやること自体やめた瞬間なのでした。

すごい人は本当にすごかった。

 

 

RPGツクールは青春の1ページでした

地味な青春だなwけど大いに楽しみました。

ゲームを作る楽しさと大変さを知りました。

そしてこんな狭いRPGツクールという枠の中でも

太刀打ちできない上がいるという事を知り、

社会と才能の縮図みたいなものをヒシヒシと実感したのでした。

 

 

ちなみに最近RPGツクールの新作がリリースされてて

まだシリーズが続いてことに感動を覚えた。ふるえた。

メーカーが変わってるけどw

RPGツクールMV

RPGツクールMV

 

 

 

しぇば! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ