リース ア ソース

I love you so much

異常があったら必ず病院に行け、行かない奴は連れていけって話

異常があったら必ず病院に行け、行かない奴は連れていけって話/

私の祖母の話。

祖母は祖父を若いころに無くし、  

母を含めた6人兄弟を女手一つで育て上げました。

仕事は畑仕事、内職、近所のパート等。

 

若い頃から祖母の足にはしこりが有りました。

怪我をした際にできたものらしいです。

ですが、当時の祖母には病院に行くお金はありませんでした。

ずうっとそれを放っておいたのです。

 

いつしかそのしこりができた足にも慣れてしまい、

金銭的な余裕ができても祖母はその足を放ったらかしにしました。

 

そして晩年、そのしこりは腫瘍に変わり、

左足を膝の上から切断することになりました。

 

がんがなくなってめでたしめでたしとはなりませんでした。

足一つなくなったのですから。

 

祖母はそれはもう若い頃から畑仕事など忙しく働いており、

それは晩年も仕事量は減ったものも動き回っているのは変わりませんでした。

ですが、足を切断して突然の車椅子生活。

突然あまり動かなくなってしまった祖母は一年後に脳卒中で亡くなりました。

なくなる2,3ヶ月前の祖母の写真を見せてもらったのですが、

まるで抜け殻のような表情でした。

 

 

そんな話を母が耳が痛いと言いながら1周間もほったらかし、

今日ようやく我慢できずに耳鼻科に行ったので思い出して書きました。

 

異常があったら必ず病院に行って欲しいのです。

すぐは行けないかもしれません、

ですがいつまで経っても治らないものは明らかな異常です、体のSOSです。

無理をせず、将来の為にも必ず病院に行って欲しいのです。

そして行かない人は無理にでも連れて行くべきです。

 

ちなみに母の耳痛はポリープができているだけで通院していれば

治るものでした。 

 

しぇば! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ