リース ア ソース

アイムストレート。 もふもふ雑記ブログ

【モンスターヒート】名古屋おかまバーオフ会を開催しました【中区錦 栄】

おかまバーオフ会、まさかの2回目を開催しました。

今回の開催地は名古屋。

お店はモンスターヒート。 

 

おかまバー モンスターヒート

名古屋・錦のニューハーフラウンジ・モンスターヒート|名古屋|錦|栄|ニューハーフショー|

モンスターヒートのママさんは探偵ナイトスクープに3回も

出演されたことがある有名な方。

料金プランも80分で6000円(税抜き)からで前日までの予約で

6000円プランが5000円(税抜き)となるなど良心的な価格設定です。※ブログ投稿日現在

 

 

今回の参加者はこちらの方々

にゃんすさん

猫に小判

合法ロリ

 

ヒトデさん

記事一覧 - 今日はヒトデ祭りだぞ!

イケメン信成

 

ミッドさん(初おかまバー)

mid-diet.com

色々とロックすぎるぜ

 

ヒロさん(初おかまバー)

herosurf’s diary

サーファーだからてっきり小麦色の肌だと思っていたんだ。

現れたのは色白で、とてもおしとやかな女性でした。 

 

すんこさん(初おかまバー)

すんすんらんど

前日募集にも関わらずピンチヒッターをしてくれたアクティブガール。

ありがとう!

 

 

おかまバーオフ会の様子

名古屋駅金時計前に集合。人がごった返す場所なので、

分かりやすいように家にあった椎名林檎ライブグッズの青い旗を集合場所で

掲げるという羞恥プレイをしたおかけで無事皆さん迷わずに集合。

そして電車移動してモンスターヒートの待つ妖しい街錦三丁目へ。

 

モンスターヒートはビルの6階にあるのですが

エレベーターに乗ったところでヒトデさんがこれじゃあ

逃げ場がないですねと言い怯えだし、

エレベーターを降り、お店のドアの前に立った途端に

今度は皆が怖くてお店のドアを開けられないと怯えだしました。

分かる分かるよ、第一回のベティのマヨネーズの時も

店の扉を前にした途端怖気づいたもの。

1度目も今回も、幹事の私が先陣を切ってドアを開けて中に入りました。

 

ドアを開けると一斉にお迎えしてくれるオカマさん達。

おかまさんA:あらー、○○さん(私の苗字)?いらっしゃい〜!

おかまさんB:あなたが△△(私の下の名前)さん?今日はありがとう〜!

おかまさんA:○○さん(私の苗字)!

おかまさんB:△△さん(私の下の名前)!

と上と下の名前を連呼されこんなところでまさかの本名もろバレ。

みんな、リースの本名は内緒だぞ。

 

少しオカマさんとトークがあったところでショータイムの

モンスタータイムがスタート。

 

おかまばー

おかまバー

f:id:danganreese:20160328214221j:plain

ダンスあり、お笑いありの素晴らしいショーでした。

席からとっても近いので迫力満点でした!

ダンス中のおかまさんと目が合っちゃうぜ。

結構なシモネタもあったけど、グーグル先生が怖いから貼らないけどな!

 

いや、せっかくだから貼る、怒られたら外す。

f:id:danganreese:20160328214133j:plain

 

ショー後はオカマさんとのトークに。

皆さんエネルギッシュでトークもとても面白かったです。

おかまさんの勢いに圧倒されたリースは 

あ、はい。しか言えませんでしたw不覚。

 

 

感想

ベティのマヨネーズとは全く違う雰囲気でした。

ベティのマヨネーズのオカマさんは落ち着いた雰囲気の方が多かったのですが、

モンスターヒートの方々はハイテンション系でよく喋り明るい印象でした。

 

人生二度目のおかまバーでしたがなんていうのでしょうか、

やっぱりおかまさんだと分かっているのに、可愛い人を思わず見ちゃいます。

可愛い!でもおかまさんだし・・・、可愛い!でもおかまさんだし・・・

悔しい!けど見ちゃう!

なんて感じの謎の心の葛藤が多々ありました。

いや別に葛藤しなくてもいいだけどさ、いやしなきゃダメ?なんていう混乱。

好きになっちゃいそう、いやそんなバカなみたいなね。

本当に美しい人は美しいのです。

これは一度おかまバーに行って体験してもらいたいですね。

皆さん個性的な雰囲気をもっていらっしゃってとても楽しかったです。

 

youtubeで検索しても出てくるみたいなので興味のある方は

検索してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

第1回目の様子。 

danganreese.hatenablog.com

 前回も同じような感想書いてた。

 

そんな感じ、しぇば! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ