リース ア ソース

アイムストレート。 もふもふ雑記ブログ

ぬるゲーマーのモンハン奮闘記

私はゲーム大好きだけれどやりこみ派でも無ければ

タイムアタック勢でもないです。

クリアすればそれで終わりで周回プレイすることもなく

(学生時代はやってたけれども今はしない)

すぐ売ってしまうかDL版なら削除してしまう。

 

そんなぬるゲーマーの私にとあるシリーズのゲームが

私の前に立ちはだかりました。

奴のは モンスターハンター

ぬるゲーマーには難易度の高すぎたこのゲーム。

今回は私とモンハンについて語るよ。

 

★目次★

 

モンスターハンターポータブル2ndG

私がはじめてプレイしたモンスターハンターはPSPの

モンスターハンターポータブル2ndG(以下P2G)

モンスターハンターポータブル 2nd G

モンスターハンターポータブル 2nd G

 

 とにかくはじめてのモンハンでわけが分からずプレイしていた。

いちいち肉焼かなきゃいけないのかよとか、

素材集めるのメンドクセーとか、

ヌルゲーマーにはとにかく面倒くさく感じるシステムだった。

武器の特性なんかも分からず最初は扱いやすいという理由だけで

片手剣を使っていたと思う。

そんな感じでボチボチプレイしていたのだけれど、

ソッコウで壁にぶち当たった。

 

フルフル討伐

 

はじめて対峙した大きめなモンスター。

電気をビリビリ出すし突進してくる。

首が伸びる、ピッコロさんにもできない芸当である。

目がなくて口だけでお肌はヌメヌメで何とも言えない声で叫ぶ。

お肌ヌメヌメなんて妖怪大戦争(新しいほう)に出てた可愛い女の子の

妖怪だけで十分だ。

倒せなかった。なんかもう怖くて近づけないし、

簡単に被弾するのですぐ死んでしまう。

近づくのが怖くて今度はガンナーにしてみたが、

クリティカル距離とか分からずにいた当時の私は

すごい遠くからチクチク攻撃していた。当然のごとくタイムアップである。

フルフルが倒せない、私がP2Gを挫折した瞬間であった。

 

 f:id:danganreese:20161107220217j:image

フルフルさん、画面はMHX

 

 

モンスターハンターポータブル3rd

P2Gの挫折から結構経った頃、

モンスターハンターポータブル 3rd (以下P3)が発売された。

モンスターハンターポータブル 3rd PSP the Best

モンスターハンターポータブル 3rd PSP the Best

 

 フルフルのトラウマがあったが、

今回は友達数名も買ったということで協力プレイができるから自分も買った。

友達3人を散弾で足止めしてしまって死なせてしまったのは良い思い出である。

今回は友達もプレイしているというモチベーションからか

根気よくプレイできて、村クエ・集会所下位クリアまではこぎつけた。

憎きフルフルは今作には出演していなかったが、

ギギネブラというフルフルに似たようなお方が出演しており、

よくフルフルの恨みをギギネブラで晴らしていた。

が、村クエ・集会所下位が終われば今度は上位である。

突然上がった難易度にぬるゲーマーの私は嫌気がさし、

そこでプレイをやめてしまったのだった。

 結局ギギネブラ無双してただけだった。

 

 

モンスターハンタークロス

そしてP3を投げ捨ててから数年が経った。

私はゲームから離れていた時期もあり、しばらくモンハンには触れなかった。

3DSを途中から持ってはいたが、4、4Gはスルーした。

が、2度も挫折したはずのモンハンであるが、

なんか新たにリリースされたモンスタハンタークロス(以下MHX)が

面白そうに感じたので買ってみることにした。

結果から言うとハマった。

モンスターハンタークロス [ニンテンドー3DS]

モンスターハンタークロス [ニンテンドー3DS]

 

狩技と狩猟スタイル

今回から狩猟スタイルと狩技と呼ばれるシステムが追加された。

 

狩技とは敵を攻撃したりするとゲージがたまり、

ゲージがMAXになると色々な効果がある技、必殺技的なものや

ステータスアップなど補助的なものまで色々を繰り出すことができる。

 

狩猟スタイルとは4種類あるスタイルからひとつを選びプレイする。

ギルドスタイル、ストライカースタイル、エリアルスタイル、ブシドースタイルが

あり、それぞれ全く特性が違う。

ギルドスタイルが従来のモンハンと同じ操作性で狩技を2つセットでき、

ストライカースタイルは出せる攻撃などの制限を受けるが狩技を3つセットできる。

エリアルスタイルは敵やオトモを足場にしてジャンプをできるのが最大の

特徴で、ジャンプ中に攻撃を繰り出す事ができる。

ブシドーは敵の攻撃に合わせて回避行動をするとジャスト回避というアクションが

でき、ジャスト回避を繰り出した時は無敵時間が発生し敵の攻撃を回避できる。

エリアル・ブシドー共にセットできる狩技は2つ。

ちなみにあとニャンターと言ってアイルーでプレイできるモードもあるけれども、

私はまだ数えられるくらいしかやったことがないのでここでは触れない。

 

村クエスト・集会所下位クリアまで

エリアルスタイル・ブシドースタイルがぬるゲーマーの私には最高の救済になった。

これが後に壁にぶち当たる原因ともなるのだが、

この両スタイルのおかげで村クエスト・集会所下位クエストクリアまでは

サクサク進んだ。

使っていたのは主にエリアルスタイルの大剣。

エリアル大剣はジャンプ中に溜め攻撃を繰り出すことができるため、

通常の大剣の溜め攻撃を当てるが苦手な私にとってはとても

扱いやすいスタイルだった。

とにかくエリアル大剣は難易度が低いスタイルと言われており、

ピョンピョンジャンプして溜め攻撃を当てるだけで勝てた。

モンハンにはあるまじきゴリ押しだった。

エリアルで勝てないなーというときはブシドーにすればなんとか勝てた。

こんなやり方で村クエスト、集会所下位をクリアした。

 

壁にぶち当たる

が、サクサク進んだのもこれまでであった。

過去、P3で上位に上がったと途端に挫折しただけあって、

今回も上位に上がった途端勝てなくなった。

下位では通じていたエリアル大剣でのゴリ押しが通用しなくなったのだ。

 

f:id:danganreese:20161107220440j:image

上位に上がった当初私を苦しめたケチャワチャさん

 

ここからはうまい立ち回りが要求される領域となったのだった。

大剣でのプレイに勝手に限界を感じた私は武器を弓に転向した。

理由は単純でなんとなく弓が好きだから。

PS3のゲーム、ドラゴンズドグマでもアーチャーだったし

スカイリムでも隠密スリ弓プレイをして楽しんでいた。

そして現実でもアーチェリー教室に行ったりしていた、そんなわけで弓を選んだ。

ドラゴンズドグマ:ダークアリズン

ドラゴンズドグマ:ダークアリズン

 
The Elder Scrolls V: Skyrim Legendary Edition PlayStation 3 the Best 【CEROレーティング「Z」】 - PS3

The Elder Scrolls V: Skyrim Legendary Edition PlayStation 3 the Best 【CEROレーティング「Z」】 - PS3

 

 

その道のりは険しかったがとてもプラスになった。

剣士からガンナーに転向したことで防御力が半分になり、

ちょっとした操作ミスが命取りになったりするのだが

それによりより立ち回りを意識するようになり上達していった。

そして、私が好きなニコ生主さんも弓使いだったので

そのプレイをとても参考にさせてもらった。

モンハンで行き詰った時は、うまい人のプレイ動画を見ると

とてもプラスになるので人のプレイを見たことがないひとはぜひ見てみてほしい。

 

ハンターランク開放へ

立ち回り・モンスターを観察して動きを覚える。

このふたつを意識するだけで段々うまくなっていって

今まで倒せなかったモンスターも倒せるようになった。

 事実、弓に転向して学習するようになってから

ハンターランク開放までに苦戦したのは上位に上がった最初の頃と

ラストの緊急クエストのオストガロアだけだったように思えた。

上位の中間クエは結構サクサクいけていた。

 

この頃になるとフルフルなどもう恐るるに足らずで

獰猛化フルフルもほーんそれで?だった。

(獰猛化は黒いモヤを放っていて通常の個体より強く疲れない。黒いモヤが出ている部位からの攻撃は大ダメージを受ける)

フルフルからの卒業。

 

オストガロアは他のモンスターとはちょっと異質だったため苦労した。

3乙(3回やられるとクエスト失敗)か時間切れを何度か経験した、

けれども5度か6度目ぐらいで倒したと思う。

そしてハンターランクを開放した、当然ながらはじめての経験だった。

 

 f:id:danganreese:20161107220633j:image

オストガロアさん。胴体に首2つとどこを攻撃していいかわからない初見殺しだった

 

本当の戦いはハンターランクを開放してから

このゲームの本当の戦いはハンターランクを開放してから、

イコール集会所クエストの★7の緊急クエスト(ボス)に設定されている

オストガロアを倒してから始まる。

オストガロアより強いモンスターがまだゴロゴロいるし、

ハンターランクを開放した時点ではクリアしていないクエストの数も多いからだ。

現在まだ私も若干倒していないモンスターもいるし、

クリアしていないクエストもまだまだ多い。

ここからの遊び方は実に自由だ。

装備を作るために素材集め目的で狩りをするも良し、

倒していないモンスターに挑むも良し、

とりあえずクエストを消化してもいいし、

他の武器を練習してみてもいい。

モンスターを一通り倒すと今度は討伐時間を気にするようになってくる。

いわゆるタイムアタックだ。

タイムアタックは率直に自分のプレイの旨さを表す指針になるので

時間を気にして戦うようになると自然に上達できる。

とにかく、このゲームの本番はハンターランクを開放してからで

やることがいっぱいある。時間がいくらあっても足りないくらいに。

特に腕の追求とタイムアタックなんて全く終わりがない。

モンハンにはプロハンと呼ばれる上手さが異次元の人がゴロゴロいるからだ。

 

 

全然飽きない。まだまだ楽しい

MHXを購入してもう半年以上になるが全く飽きない。

しばらくやらなくなることもあるのだが、

思い出したように突然やりたくなるのがモンハンだ。

そして一度やりだすと止まらなくなったり、また継続的にやるようになる。

とにかく楽しい。

まだまだヘタクソなのでもっとうまくなりたいという欲に駆られる。

 

そしてまた最近頻繁にやるようになった。

それは新作が来年2017年の3月18日に発売されるから。


『モンスターハンターダブルクロス』プロモーション映像

セーブデータをほぼ引き継げるということで、

ダブルクロス発売に備えてまたプレイしている次第だ。

あーあーあー最高に楽しみだよダブルクロス、新モンスはもちろん

スタイルも2つ増えてまた奥行きが広がる。

そしてクロスで不満の声があったところを手直ししている箇所もあるらしい。

期待しかない。

 

 

まとめ

モンハン楽しいよ、モンハン

 あと、プレイ中に写真を撮るのすごく難しかった、雑な写真になってしまったが見逃してほしい

 

 

 

RPGもあるよ。ワイは未プレイ

モンスターハンター ストーリーズ

モンスターハンター ストーリーズ