リース ア ソース

アイムストレート。 もふもふ雑記ブログ

5年後の自分へ 経過と謝罪と未来の自分へ

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

さあ、ただただペンとノートが欲しいので書いてみよう、

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」。

 

5年後の自分が何をやっているかは全く想像がつかない。

 

もうマヂ無理・・・仕事飽きた。

退職しよと思って決心したのが去年末であの手この手で2月中旬に退職した。

本当に飽きた、9年も同じ仕事をした。

小さな会社で偉いさんは一族で取り仕切っていて偉い地位を取得するのは叶わない。

係長だの課長だのにはなれる可能性があるも現在の課長や係長が

いなくならない限り実現しない、会社をやめても転職無理ゲーそうな

無能ばかりの中堅層しかいなかったのでやめようとする者もいるはずもなく

出世無理ゲーの会社であった。

そんなつまらない会社に長居しすぎたのか、

2年くらい前に不覚にもうつ病を患ってしまった。

仕事飽きた、出世なし、うつになってしまったの三拍子で

もはやここで転職しないのは現状維持以下であると思った私は仕事をやめた。

 

仕事をやめてからはノビノビとニート生活を過ごした。

自由気ままに旅行やオフ会に行った。

全く平行線だったうつもみるみるうちに治って今や薬すら飲んでない。

心療内科に通わなくて良くなった開放感とは最高のものである。

環境は大事だ。環境は大事だ。大切なことなので二度言った。

安定しているとか楽だからとか慣れた事だからといって

惰性で上のない仕事をするのは自分には合っていなかったのだ。

それに気づくには9年はあまりにも遅すぎたけれども。

6月からはとあるスクールに通って十何年ぶりの学生生活を送った。

最高に楽しかった。

全く知らない分野の事を学ぶのはとても楽しかった。

先生も、一緒に学んだ人達もとてもいい人たちばかりで

とても恵まれた環境だったように思う。

その学生生活も11月末で終わりだ。

 

ここで一部の方々に謝罪しなくてはいけない。

学校が終わったら、年末になったら東京へ引っ越すと言ったが

いささか遊びすぎたようだ。

引っ越し資金がないwすっからかんである、困ったにゃん。

仕事をやめたときは車を売るなどの金策があったけど

もう資産がないにゃん。

ということで少しリースはお金を貯めます、春先くらいまで。

居たくもない土地で働いてお金をただ貯めるという作業は最高に

ストレスMAXなのであるが

同時にマネー管理のできなかった自業自得MAXなのでこれ以上は言わない。

春中には東京行きます、絶対絶対まじまじマン。

オフ会の時に東京行く行く詐欺と言われたことがあるが

ぜぜぜぜぜったい行くんだから、ちょっと長引いただけなんだからね!

 

 

そんな感じである。

したがって5年後の自分へのメッセージだけれどもあんまりないんだな。

君はこの1年であまりにも変わりすぎていて正直予測もつかない。

うつを克服した君は良い意味でも悪い意味でも自分中心主義になり

楽観主義者になってしまった。

感情をコントロールすることを美徳としている君はまるで

楽しいこと以外には反応しないロボットのようで実際にも普段のその無関心ぶりを

人にも指摘されるほどで。

 

なので5年後は行き当たりばったりな人生を送っている気がする。

好きなことをして生きてると思いたい、

5年後未だ好きな事が見つかっていないなら転々としながら生きてるかな。

たぶんもうひとつの土地に居座るとか言うことはしないと思う。

死にたいしてさほど恐怖心のない君は(痛いのや苦しいのは大嫌いだけれども)

わりかし無茶をやってるかもしれない、人里離れたところで仙人みたいな暮らしをしているとか。

 

だから5年後の自分に今なにかを言うなら、

その思考と行動はちゃんといまなお善行か悪行か常に自分に

問いただしているか である。

あと酒はほどほどにしろ、30代に突入してからすでに衰えを感じているのに

40手前にして健康を考えずになりふり構わず飲んでいたら最悪だぞ。

君の目標は誰にも頼らず(家族とかそういうニュアンス)生涯現役なのだから健康には気を使い給え。

 

 

そんな感じ。

いやー自分に対するメッセージってなんか恥ずかしいね。

それをチラ裏にしないとかね、うふふ。

しぇば!