リースぶろぐ

I love you so much

人生無職になっても自分で思ってるより結構なんとかなるもんだと思った話

人生の将来を考えてしまうと、

どうしても不安要素が次々に浮かんで保守的になってしまい現状維持に転じてしまうものですが、

案外スパッと切り替えてしまってもなんとかなるものでした。

今回はそんな誰かのお役に立つかは分からないけれど自分の経験談。

 

 

 ずっと現状維持の呪縛に縛られていた

私は一昨年の11月に満を持して9年務めた仕事の退職を決意、去年の2月に退職しました。

有給を消化していたので実質去年は前職では働いていません。

人間には環境を維持しようとする、変化を嫌うなどの習性が備わっていると言いますがその通りです。

なんもなく、本当になんとなく現状が安定しているから、現状を脱した時が想像できないもしくは怖いからという理由でずっと好きでもない仕事に甘んじていました。

妻子持ちならまだしも私は自由な独身の身、現状を維持する大きな理由などなかったのにね。 

 

ですが、現状に甘んじるのにも限界がきました。

大きな理由は三つで、

・単純に仕事に飽きた

・上層部を社長一族で占めているから上司が不慮のなんかで死なない限り出世がない

・軽度の鬱病を患っていたが一定レベルから改善しないので環境を変えたい

 

ということで現状維持にはウンザリしてスッパリ仕事をやめる決断をしました

 

 

楽しい無職期

仕事をやめて無職になってからは本当に楽しかった。

旅行やオフ会をしまくりました。

正直旅行しまくり過ぎたので最初の予定よりスゴい勢いでお金が減っていきましたが(笑

まぁ、それでもなんとかなりました。

衣食住には全く困らなかったけど、最初の予定だと今頃東京に住んでいる予定(12月には上京してるはず)だったのでお金は使い過ぎました。

けど楽しんだので後悔はしていません。

 

職を辞めてから、貯蓄残高に不安があったので車を売り払い、退職金を得て貯蓄残高はトータル150くらい。

そして去年3月過ぎから11月まで雇用保険を得ていました。

退職が2月なのに雇用保険受給が3月なのは離職票諸々の書類がなかなか届かなかったから。

雇用保険受給が長いのは6月から11月末まで職業訓練を受けていたからです。

雇用保険受給中に一定条件を満たして職業訓練を受けると雇用保険が訓練期間中も延長されます。

職業訓練も最高に楽しかった。十何年ぶりの学生生活はとても楽しかった。

 

そんなわけで退職してから1ヶ月空いて雇用保険を受け取っていたので食いっぱぐれる事はありませんでした。

 

ザックリした参考値でいうと、あくまでザックリした参考ですが年収約380で約雇用保険の受取額は約15でした。

詳しい計算式は知らないし、今やうろ覚えですのであくまで参考値として聞いといてくださいね〜。

ちなみにこれで市民税は年間約15でした、参考までにね。

更にいうとこれは会社によって変わるのでなんの参考にもなりませんでしたが、私の退職金は9年勤めて丁度50でした。

 

そんなわけで仕事を辞めても雇用保険を受け取って月の出費を見直せばなんとかなるもんです。

貯金があれば尚更です、事前に転職先があったりすぐ次の職が見つかればなんの問題もないレベルですね。

 

むしろ私の金使いが荒すぎてあの100超えの貯金どこいった?っていうレベル。

まぁね、次いつ来るか分からない長い無職期間を全力で謳歌した結果です(笑

 

 

雇用保険受給終了後

前述の通りお金を使いすぎたので、職業訓練終了後の12月から貯金を貯めるためフルタイムでバイトを開始しました。

目標は当初と変わらず上京が目標です。

金額を設定すると埒が明かなくなりそうなので4月に上京という期間だけを設定。

それに向かってモクモクと現在働いています。

 

 

人生なんとかなる伏線が幾つも張り巡らされる

バイトをはじめて増える貯蓄を見てなんとかなるな〜と思っていました。

根拠はないけどそれでもなんとなくなんとかなるだろうと楽観的に思っていました。

上京最大の不安要素は、

職が定まっていない身分で住まいがすんなり見つかるかが不安でしたが、

丁度良く、ブログ繋がりの友達が住まいを紹介してくれてすんなり住むところが決まりました。

4月上京が確実に決まった瞬間でした、ありがとうやで。

 

そして住まいが見つからずに上京が頓挫しても、今やってるバイトの正社員になれラブコールが凄いので全くもって食いっぱぐれることはなかってでしょう。

現在まだ上京後の職は決まっていませんが、

求人情報を見る限りどうにでもなる感じです。

やりたい職業はあるけれどいざという時は選ばなければ尚更。都会最高だな。

 どう転んでもなんとかなる状況が必然的?にできていました。

 

 

まとめ

私は無計画で勢いだけで前職をやめました。

車という資産と僅かな貯金しかもっていませんでした、

退職金は全く期待してなかったので棚ボタでした。

ずっと正社員を続けていると無職になるのは不安ばかりで恐怖かもしれません。

けれども、案外なんとかなるものです。

雇用保険貰えるのは分かってるからなんとかなるわ、そんだけの覚悟だけでした。

貯金を使い果たしてしまいましたがそれは旅行し過ぎただけの事、

セーブしようと思えばどんだけでも可能でした。

さすがにマイナスにするほど私はバカではなかったです。

 

人生、結構なんとかなるもんです。

私の尊敬するブロガーさんがよく日本で餓死する確率は低いと

事ある毎に言っていますが本当にそうだと思います。

私の親戚でも無職が数人いるけれどなんか普通に生活してます(これは極端な例かな?)

 

まぁ、将来の展望は?と聞かれると私は言葉に詰まりますけどね、

まぁ、なんとかなるよ、意外とね。

我々の世代の老後は、40年後50年後は治安が崩壊してなければ

かなり医療も化学もロボットも技術が発達していて明るいと思うのですがどうですかね。

 

 

 ちなみに2年近く患っていたうつ病ですが無職になってから

みるみるうちに良くなって治りました。

正確には治るとは言わないらしいですが、

もう再発させる気はないので治ったと言っておきます。

今の私なら再発させるくらいなら平然と仕事も辞めるし救済措置に飛びつくと思います。

今のバイトは、正直もはや正社員様と同じことをしているしたまに

工場長の代わりをさせられるしでプレッシャーも結構あるのですが

メンタルにはなんら影響ないです、突然訪れる苦境を楽しんでいるくらいです。

 

自分の性格すら呪ったうつ病もなんとかなりました。

人生、なんとかなるもんです。

 

本当になんとかなってる、あれこれ悩んでいたのはなんだったのかなと

バカバカしくなるときすらある。

なるようにしかならないしなるようになる。

なんか前職やめてから根拠はないんだけど人生楽しいです。

 

そんな感じ!

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 

 

 

2018/5 追記:

この記事を書いて一年以上が経ちました。

以前書いたとおり去年の4月に上京をしましたが、

家庭の事情で10ヶ月足らずで実家に帰ることになったのですが、

今では心底前職をやめて東京に行ってみて良かったと思っています。

それくらい東京生活は楽しかったです。

田舎とは違いなんでもある都会はとても刺激的で飽きが来ず

とても楽しい世界が広がっていました。

この記事は人生無職になってもなんとかなるというタイトルですが、

低月収になってもなんとかなるもんです(笑

東京に行って最初に選んだ仕事がハズレで、

月15万以下がざらの定収入でしばらく暮らしていたのですが、

なんとかなりました。

むしろ生活力が飛躍的に上がりました。

それまで自炊ができなかったのですが自炊に目覚め、

以下に低コストで過ごすかを考えて暮らしていたので生きる力が尽きました。

節約生活をしていたので15万以下でも貯金できたのでは?

というとそうでもなく、観光や街歩き、たまの仲間との飲みで散財

していたので結構カツカツでした。

それでもなんとかなっていましたね、人間ギリギリになると

お金の管理能力が飛躍的に上がります。

その後はこんな低月収でやってやれるかと職変えし、

月収20万超えの収入で生活しました。

そこんところはさすが東京、正社員や派遣でなくても

ちゃんと探せば田舎では実現不可な収入を得ることができます。

しんどかったですけどね、職の幅がとても広いのが東京の魅力です。

実家に帰ってきてからは東京ほどの月収を正社員でないとやはり

稼げないということで、現在試用期間中ですが、7月辺りにはまた

正社員として働くことになります。

実に2年5ヶ月ぶりの正社員です、思えばよくここまで遊んだものです。

 

ということで、この記事を見返して今考えてもやはり結論はなんとかなるです。

ヤバくなったらどんな形であれお金を稼ぐ、お金を管理する、

という意志さえ持てていればどうにかなります。

ちょっとの貯金さえあれば無職は怖くないです。焦るときは焦りますけどね(笑