リースは天使になりたい

アクマで嘘です。

2018年を振り返る 

どうもお久しぶりです。

ブログを4ヶ月近く放置していたらPV数が悲惨な数値を極めたリースです。

さて2018年も今日で最後、さすがに腐ってもブロガーの血が騒ぎ今年をまとめたくなったのでひっさびさに記事をアップしてみました、はい。

ということで、今年の振り返りです。

 春:

・正月

正月休みに帰省。もともとガンだった父が抗がん剤治療を開始したと聞き、

その抗癌剤治療を始めた衰えた姿を目の辺りにし、実家に帰ることを決意。

 

・2月中旬 

実家に帰り、一年近くに渡る東京暮らしに終止符を打つ。

東京八王子のシェアハウスに住んでいましたが本当に楽しかった、

当時のメンバーには感謝しかありません。

東京在住時のブログ仲間にもとても良くしてもらいました、ありがとうありがとう。

 

・4月

実家に戻った後、興味があったやってみたかった仕事に就くが、

自分には合わずツマラナイという感情しかわかない。

しかも過去最高の低収入であり、まったくモチベーションが上がらず転職を決意。

 

夏:

・8月

4月にやってみたかった職に就き、ツマラナイと思うのは慣れていないからだと

耐えて仕事をしていたがいつまで経ってもツマラナイという感情しか沸かず、

しかも低収入という環境下で続けるモチベーションも続かず8月中旬に転職し食品関係の会社に正社員雇用。

以前10年近く続けた化学系工場の収入と大差ないお給料を約束される。

10年続けたあの仕事はなんだったのかwパワハラにも耐えて頑張って来たのに今思えば草しか生えない。

 

そして、8月後半頃から、父の様態が悪化し始める。

 

秋:

・10月後半

父の様態が更に悪化、入院する。

余命最長で半年を宣告される。

仕事後父が入院した病院に通い、休日も病院に通い詰めという生活を送る。

睡眠時間も減り大変だったが父の為と思えば苦とは思わなった。

 

冬:

・12月初旬

父の様態がますます悪化、個室に移動、大のトイレ以外のベットからの移動が許可されなくなる。

病院に泊まって様子見という状況が増える。

・12月中旬

父が亡くなる。享年68歳という若すぎる死だった。

葬儀は父の生まれ育った山形でという希望もあり、死後今まで火葬から葬儀、

そしてその後も色々な手続きと忙しい毎日を送り、あっという間に大晦日を迎えた。

悲しみから忙しさ、そして父が借金を残して逝った為怒り狂うなど情緒不安定にもなったが、現在だいぶ落ち着く。

 

 現在

 そんな感じで、今年を終えることになりました。

大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大

大好きだった大都会東京を父のために捨て帰郷、

一発目の職選びに失敗しお金のたまらない生活を送ってしまいました。

そんなこんなで一度は東京に遊びに行く予定だったのですがそれも叶わず、

秋からは父が亡くなるまで父に時間を費やす日々。

 

今年は父の為の一年だった言えます。

一度目の仕事選びに失敗し金欠にもなりましたがw

東京から実家に帰るときはシンドいながらも父は車で迎えに来てくれ、

お盆も山形の親戚と母の親戚周りから仙台・日光など挨拶周り兼観光も兼ねた旅行を

家族で行ったものですが、

それ以降は父の病状悪化で一泊二日の旅行すら叶いませんでした。

父はもっと行きたいところも食べたいものもあったのに無念です。

父は最期は末期がんでとても苦しんで逝きました。

この日本に安楽死の制度がないのを恨んだくらいの苦しみようでした。

死の2日前からモルヒネ投与をしましたが全く効果のないくらいの苦しみようでした。

最期の日は早く逝かせてくれという父を泣きながら見守ったものです。

お金があったらセカンドオピニオン等もっとやりようがあったのではないかと悔やむ結果でした。

 

そんなこんなで色々考えさせられる1年でした。

正直父が亡くなり2週間も経っていないので考えが整理できていないのが本音です。

そして父以外にも、とても色々な経験があり学びの1年でした。

 

来年はまた、落ち着いた頃にリースとして活動できたら幸いだと思っています。

その時はよろしくお願いします。

 

それでは、よいお年を。